FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 第31回
「智能気功、上達の秘訣」

英会話でもカラオケでも、スキーでもスキューバダイビングでも、
習いごとを始めると「少しでもうまくなりたい」という思いがわいてきます。
そして上達してくるとさらに楽しくなって
もっと頑張って練習するようになるものですね。

今回は読者の皆さんにますます気功を楽しみ、気功を人生に役立てて頂けるようにと
智能気功の上達に必要なポイントをいくつかご紹介しようと思います。
以下を参考に、さらに練功に励んで頂ければ嬉しい限りです。
第31回はな


① 明確な目標をもち、その実現のために気功を練習する

体の不調を改善したい、もっと健康になりたい、長生きしたい―― 
皆さんはそれぞれの動機や希望があって、
気功を習い始められたと思います。
気功の上達に何よりも必要なのは、このような動機や、
自分が切実に求めている希望や夢を明確な目標として掲げて、
「その目標を実現するために気功を練習していくのだ!」と
自分の意識にしっかりと刻みつけることです。

マラソンは、ゴールがあるから
42,195キロもの距離を走り続けられるのではないでしょうか。
高校球児たちは甲子園という大きな夢があるから、
同級生たちが遊んでいるときも、泥まみれ汗まみれになりながら
苦しい練習に耐えられるのではないでしょうか。

気功も同じです。
「なんとしてもこうなりたい」という強い望みがあれば、
多少練功がつらくても頑張り続けることができます。
また、目標が明確になると練功に取り組む姿勢もさらに真剣になりますし、
真剣に練習をすればするほど、知識や技能の吸収力も違ってくるものです。

これから気功を始めようとしている人は、
どんな目標を立てても構いません。
病気の改善はもちろんのこと、気功は精神を安定させる働きがあるので、
「不安やストレスを解消して、もう少し心地よい気分で人生を送りたい」
というのもいいでしょう。

家族の病気をなおすために気功を勉強しようというのも、意義のある動機です。

智能気功ではつねに前向きな意識をもつことを大切にしているので、
もっと積極的な人生を送りたいと思っている人にもぴったりですし、
ふだん家にこもりがちな方は、
教室に通って友だちを増やして世界を広げたいという目的をもつのもいいと思います。

潜在能力の開発にも有効なので、
「学校の成績を上げたい」「志望校に合格したい」「国家資格を取りたい」
という目標もいいですね。

ともかく、漫然と練功していてもあまり身が入りませんし、途中で挫折しがちです。
具体的ではっきりとした目標をひとつ設定して、
そこにたどり着くように努力していくことが上達への道です。

気功のレベルが上がるにしたがって当初の目標が達成できると、
次は「自分の○○のため」という目標から少しずつ視野が広がって、
自分以外の人々の役に立ちたいという思いが自然にわいてくるといわれています。

私自身、振り返ってみるとまさにそうなのです。
私が気功を始めた動機は、腰痛の苦しみから解放されたいと思ったからです。
数か月たってそれがほぼ実現した頃には、
当時経営を任されていた会社の建て直しを成功させたいという、
少し大きな目標を持つようになっていました。
そして今は、気功を通じて一人でも多くの方が健康で幸せな人生を実現できるように、
智能気功を世に広めていきたいという夢があります。

じつは毎日の練功を通して気の流れをスムーズにし、
内と外の混元気を交流させていると次第に意識が開放され、
最初は小さかった我がだんだんと大きな我へと育っていきます。
そうするとさらに意識は開放し、
宇宙の混元気とつながりやすくなるのだといわれています。

このようにして私たちの生命力は一歩一歩高い段階へと進み、
生き生きと元気に輝くことができるようになるのです。

第31回ふんすい
② 練功を優先順位の一番目において、
繰り返し鍛え、練功を続ける


気功上達の最大の秘訣は①で述べた「目標や夢をもつこと」ですが、
それを達成するために欠かせないことがあります。
気功の練習を生活の最優先事項にして何をおいてもまず練功をすること、毎日休まずに練功を続けることです。

初心者のうちは練功が習慣になっていないために、
「朝は忙しいので帰宅してから」と後回しにし、
夜は夜で「食事が終わってから」「このテレビを見終わってから」と
またまた後回しにし、
結局その日はサボってしまう・・・・といったことが起こりがちです。
毎日時間を割いて練功するのはたしかに容易ではありません。
が、1日休むと次の日はもっと億劫になってしまいます。
ですから、練功は後回しにしないことです。

練功を欠かさないコツは、時間と場所を決めて練習すること(定時定点)。
とくに私がおすすめしたいのは、
朝起きたら、いの一番に練習をすませてしまうことです。

洗面の前でも後でもいいのですが、
ともかく練功で1日をスタートさせるようにしてみましょう。
それをしばらく続けていると朝の練功が習慣になり、
やらないと気持ちが悪く感じられてくるものです。

また、練功しているあいだだけが気功の練習ではありません。
歩くとき、座るとき、寝るとき、食べるときなど
日常生活のあらゆる場面で気功の動作を取り入れると、
それがそのまま気功の練習になります。

この連載でご紹介した『ちょこっと気功』が参考になると思いますので、
それらを実践してみるといいでしょう。

何があっても怒らずに穏やかに対処する
(専門的には「中和の気を保つ」という)といったことも、
精神面における気功の鍛錬のひとつです。

小さな滴(しずく)も長年にわたって落ち続ければ、巨石を砕くことがあります。
わずか15~20分の練功でも、
毎日地道に続けていけばかならず上達し、いずれ大きな財産になってくれるはずです。



③ 信念を持つ

①で立てた目標を「かならず実現できる!」とかたく信じることも、とても大切です。

気功を始めたばかりの頃は、
目に見えるような効果がなかなか得られなかったり、
一緒に教室に通い始めた仲間たちは気が見えるのに自分は見えなかったりするたびに、
落胆したり焦ったり落ち込んだりするかもしれません。

しかし落ち込む必要などありません。
気の感じ方や進歩の程度は人によってまったく違うからです。

最初にめざましく進歩しても、
それで慢心して練習を怠ければその後はあまり上達しませんし、
最初の歩みはゆっくりでも、真面目に練功を続けていると、
ある日それまでの積み重ねがいっきに花開くということがあるものです。

気功は、本質的には自己研鑽です。
仲間の様子を励みにして頑張るのは結構ですが、
周りにばかり心をとらわれすぎるとそれが気功の上達を妨げてしまいます。
ですからいい意味での自己中心主義になって、
自分を信じ、気功を信じ、
「ぜったいに智能気功で夢を実現するのだ」という固い信念をもって、
練功で自分自身を磨き高めることに専心しましょう。

練功しても期待したような効果がなかなか見られないときこそ、信念が試されています。
そこで挫折すると気功から離れてしまいますが、
やり続ければかならず上達します。

夢はかならず叶います。

第31回たいよう



④ 理論もしっかり身に付ける

気功の中心は練功という実践ですが、
理論もないがしろにせず、並行して学ぶことが大切です。

「混元気とは何か」「意識にはどのような作用があるか」といった理論の学習は、
気功の知識を身に付けるためだけにあるのではありません。
理論を理解することを通じて、気功的な意識を養っているのです。

練功だけでもたしかに体調は改善していきます。
しかし気功的意識なしに単に練功をするだけでは、
ある程度までの健康効果は得られても、
それ以上の段階にはなかなか進みにくいのです。

一方、気功的意識を身に付けていくと、
意識が生命をリードする役割を果たすようになり、
多くの良い作用が体に働くといわれています。
その結果、健康も生命力もより高いレベルに上がることができるのです。

また、理論を学んで正しい知識を身に付けるとそれが意識の深い層で思想となり、
③で述べた信念を揺るぎないものにしてくれるという利点もあります。

理論学習で得た知識を練功を通して体で確認し、
練功で体験したことを理論学習で知識としてさらに深めていく―― 
理論学習と練功は車の両輪のような働きをしながら、
気功の上達に寄与してくれるでしょう。


⑤ あれもこれもと手を広げない

他の流派の気功、ヨガ、太極拳、瞑想、座禅など、
いろいろな健康法をあれもこれも同時にやろうとする人がいますが、
いいことではありません。

というのも、今述べたような健康法はいずれも
「気をととのえて健康を増進する」という点でよく似ていますが、
それぞれ構成に違う部分があるので、
同時に練習をすると気の秩序が混乱をきたして
逆に体調を崩すことになりやすいからです。

このことは、いくつかの気功の流派の功法を混ぜて練習したときにも起こる危険があるので、
ぜひ注意してください。

智能気功なら智能気功、ヨガならヨガ、太極拳なら太極拳、何でも結構ですが、
「これだ」と思うひとつの方法を見つけたらぜひそれをやり続けてください。
ひとつの方法を続けることによって気の道がしっかりと作られ、
気の流れがスムーズになり、生命活動の秩序性が高まっていくのです。

「早く元気になりたいから」と、
あっちにもこっちにも手を広げている人やあれこれ迷っている人ほど、
じつは成果が出にくいのが現実です。
ひとつのことを信じてとことんやり続けられる人は確実に上達し、結果が得られ、
より高いレベルの健康や目標に到達できるのだということを、
ぜひ覚えておいてください。

私自身、智能気功を始めてからは智能気功一筋です。
今のこの健康や幸せは、智能気功を続けてきたおかげで頂戴したものだと思っています。

皆さんも自分自身を信じて、智能気功を信じて練功を続けていけば、
きっと望みがかなうはずです。
ぜひ頑張ってください。


wdp-fgw.gif



《無料体験教室のご案内》
日本智能気功学院では、
気功教室の雰囲気や練功の様子に気軽に触れて頂けるように
以下の日程・内容で「無料体験教室」を開催することになりました。
ぜひこれを機に気功をはじめてみませんか?

定員がございますが、お気軽にお問い合わせください。

20070604144817.jpg日時
2007年10月1日(月) 午前10:00~11:45
2007年10月4日(木) 午後1:30~3:15
2007年10月5日(金) 午後6:45~8:30


定員
先着25名

会場
日本智能気功学院
 住所:東京都豊島区北大塚2-34-20-2F
 交通:JR山手線大塚駅北口より徒歩5分。または都電荒川線巣鴨新田駅より徒歩2分
  (地図はこちら→Map

お申し込み方法
TEL:03-3576-0097まで、お電話にてお申し込みください。
 なお電話受付時間は平日の午前9:30~午後5:00です。

12月までに、当学院初級教室に入会された方全員に
整体55分コースの2000円割引券をプレゼントします。

智能気功についてお知りになりたい方は、日本智能気功学院のホームページもぜひご覧下さい。
ホームページはこちら→日本智能気功学院

wdp-fgw.gif




スポンサーサイト
 第30回
「智能気功の3つの功法と上達のコツを紹介します」~part2


智能気功の功法は第一歩功から第六歩功までの6つがあり
現在はそのうちの3つが公開されています。

前回の第一歩功「捧気貫頂法(ほうきかんちょうほう)」の紹介に続いて(くわしくはこちらを)、
今回は第二歩功と第三歩功の2つの功法についてご説明しましょう。


wdp-fgw.gif



第30回はな 第二歩功 形神庄(けいしんしょう)

智能気功の第二歩功は「形神庄(けいしんしょう)」といいます。
気功の知識や技術をより深めていくための
重要な段階に位置づけられている功法です。

「形」は肉体、「神」は性格や情緒を含めた
広い意味での精神を指しています。
つまり、心身の健康をさらに高いレベルに
増進させることを目的としているのがこの形神庄です。

「形神庄(けいしんしょう)」では、肉、筋、骨、血管など、
体内のより深い部分に意識を集中させて練功をしていきます。
それによって体内の気の流れをととのえ、
同時に気をコントロールする力を向上することができるのです。

第一歩功の「捧気貫頂法(ほうきかんちょうほう)」が、
意識を天涯(天の果て)と体内の交互に向けること、
皮膚や消化器官の表面などおもに外界と接する部位の気の改善を目的とすることなどを思い起こして頂くと、
両者の違いがはっきりわかるかと思います。


形神庄の動作は比較的単純なのですが、
難易度は決してやさしくありません。
というのも、靭帯や小関節など、
日常生活ではあまり動かさない部分を使うからです。

しかし、ふだん使わない部分を動かすことで体内の混元気がいっそう養われ、
気の流れがさらに良くなっていきます。
そして、生命エネルギーである気が
手足の先、筋肉、骨、毛髪、皮膚など、全身のすみずみに行き渡り、
心も体も健やかで円満な状態へと向かうことができるのです。


「体が硬くて思ったように練功できない」とお悩みの方もいると思いますが、
形神庄を練功して体のさまざまな箇所を動かしていると、
次第に体が柔軟性を取り戻していきます。

体を丈夫にして健康的で美しい体型を作る、
体を緩めて経脈(気血水の通り道である経絡のひとつ)をなめらかにする、
知育を育成して潜在能力を開発する、
などの効果も期待することができます。


 形神庄(けいしんしょう)の上達のポイント①

~意識をどう動かせばいいかをよく考えましょう~


形神庄ではふだんあまり動かさない部位を使うので、思ったように体が動かず、
指示通りの動作や姿勢ができないことがあるかもしれません。

しかし、力まかせに動かしたり、反動をつけて動かそうとしてはいけません。
パワーや反動で体を動かすのはスポーツ(運動)です。
気功はスポーツではありません。
力ではなく、意識で体を動かすものです。
常にそのことを忘れないようにしましょう。

そして、意識を体内のどこに集中し、
どこの部位を動かせばいいのかということを自分の頭でしっかりと考えながら
練功することが重要です。
こうした内向性の意識を運用するのが気功の本来のあり方で、
内向性意識を修練することによって心身の健康は向上していくわけです。


意識の運用を鍛錬していくと、
次第に体内で気がどのように流れているかがわかるようになってきます。
さらに上達すると、小さな動作でも気が流れていることがわかるようになります。
そして、体内の気を意識で動かすことができるようになってきます。


第30回うさぎ私も気功を練習していくうちに、
体のなかの気の流れや体内の状態がわかるようになってきました。
わかるといっても、解剖したかのように視覚的に見えるわけではありません。
感覚的に、「このあたりの気が滞っているな」とか
「あのあたりの調子が悪いな」と感じ取れるようになってきたのです。

もしもそういう感覚があったら、
そのときは滞っている気を意識で動かしてスムーズに流れるようにしたり、
不調を改善するのに適した功法を練習するようにしています。

中国医学には、「未病(みびょう)を治す」という言葉があります。
病気になる前に不調を正すという意味ですが、
体内の気の流れを自分で感じ取って改善するのはまさに「未病を治す」、
病気の芽を小さいうちに摘み取っていることになるわけです。
私が寝込むような風邪もひかずに、毎日を元気で過ごせるのも
そのおかげだと思います。


いずれにしても、力づくで無理やり体を動かすとケガをする危険があります。
くれぐれも気をつけて、動かせる範囲で練功するようにしましょう。

練功を続けるうちに自然と体が柔軟性を取り戻して、
最初はできなかった動作もできるようになっていくはずです。



 形神庄(けいしんしょう)の上達のポイント②

~それぞれの動作の効果を理解して練功しましょう~


形神庄は、第1節から第10節までの全10節で構成されています。

そして、各節には心身にもたらすそれぞれの効果があります。

例えば、第1節の「鶴首龍頭気沖天(かくしゅりゅうずきちゅうてん)」は
・脾臓と腎臓の気を動かすことができる
・肝臓と胆嚢の気を交流することができる
・帯脈(経絡のひとつ)の効能を増強することができる
・脾臓の効能を増強することができる
といった具合です。

漫然と練功するのではなく、各節でどのような効果が得られるのかを理解して
それを意識しながら練功に取り組むと、
よりいっそうの効果が期待できるといわれています。

各節の効果はテキストに詳しく書かれていますので、
ぜひ確認してみてください。


第30回ふうけい2



 第三歩功 五元庄(ごげんしょう)

智能気功の第三歩功「五元庄(ごげんしょう)」は、
第一歩功、第二歩功の練習を積まれた方を対象とする非常に高レベルの功法で、
全13節から構成されています。

五元庄ではおもに内臓に直接働きかけて、五臓の気を修練します。

具体的にいうと、心臓、脾臓、腎臓、肝臓、肺臓を強化するために、
臓器ごとに特有の手印(しゅいん)を結び、
発声をしながら動作を行なっていきます。

手印とは両手の指で決められた形を作り、
それによって気の流れをコントロールする方法です。

例えば、合掌から中指だけを残して他の指を手のひらの中にたたみこむ手印は、
心臓の気を鍛錬するときに使います。

手印はそれほどむずかしいものではなく、
例えば第一歩功でしばしば出てくる合掌も手印のひとつと考えることができます。
両手の平を合わせると、体内の気の流れがとてもスムーズになるのです。


そして、発声はすべて中国語で行なわれます。

ですから中国語独特の発声を覚えるまではなかなか大変なのですが、
練功を重ねていくうちに、
自分の発声が臓器に届き、響いていることがわかるようになってきます。

それはまさに「内臓に直接働きかけて、五臓の気を修練する」という言葉どおりの感覚で、
大きな効果を実感できてすばらしいものです。


五元庄は取り扱う気の量が多く、とても魅力的かつ効果的な功法です。
しかし、残念ながら日本で五元庄を継続的に練功している方はあまり多くありません。

もっともっと智能気功の熟練者が増え、
日本智能気功学院が定期的に五元庄の講座を開催できるようになれば、
このすばらしい功法を体験できる方も増えていくことでしょう。
それはまた、健康で幸せな方がそれだけ増えていくということでもあると思います。

近い将来そのような日が訪れることを目指して、
私も頑張っていきたいと思っています。


wdp-fgw.gif



《無料体験教室のご案内》
日本智能気功学院では、
気功教室の雰囲気や練功の様子に気軽に触れて頂けるように
以下の日程・内容で「無料体験教室」を開催することになりました。
ぜひこれを機に気功をはじめてみませんか?

定員がございますが、お気軽にお問い合わせください。

20070604144817.jpg日時
2007年10月1日(月) 午前10:00~11:45
2007年10月4日(木) 午後1:30~3:15
2007年10月5日(金) 午後6:45~8:30


定員
先着25名

会場
日本智能気功学院
 住所:東京都豊島区北大塚2-34-20-2F
 交通:JR山手線大塚駅北口より徒歩5分。または都電荒川線巣鴨新田駅より徒歩2分
  (地図はこちら→Map

お申し込み方法
TEL:03-3576-0097まで、お電話にてお申し込みください。
 なお電話受付時間は平日の午前9:30~午後5:00です。

12月までに、当学院初級教室に入会された方全員に
整体55分コースの2000円割引券をプレゼントします。

智能気功についてお知りになりたい方は、日本智能気功学院のホームページもぜひご覧下さい。
ホームページはこちら→日本智能気功学院

wdp-fgw.gif








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。