FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 第43回
「自分で自分に号令をかけて練功する
    ――気功を真に自分のものにするために必要なことです」



第43回花何度も繰り返し聞いてよく知っているつもりの歌でも、いざ一人で歌おうとすると歌詞がうろ覚えで歌えないことがあります。
それと同じで、練功のときにかける号令も何十回、何百回と聞いているはずなのに、自分で自分に号令をかけて能動的に練功しようとすると案外できないものです。

気功教室ではふつう、先生の発する号令に従って練功をします。
では、自宅での練功はどのようにやっていますか? 
いつも練功用のテープやCDを流しながらやっているという人は、もしかしたら自分では号令がかけられないかもしれません。
一度、テープやCDを止めて、号令を暗唱しながら練功をしてみてください。
先生の号令がないと動けない、
右から始めるのか左から始めるのかわからなくなってしまう、
号令詞が正しく言えない――といった人たちは少なくないでしょう。

先生の号令に合わせて行なう練功は受け身にすぎません。
もう一段階レベルアップするには、号令を完全に覚えて、
自分の心のなかで自分に号令をかけて動作をし、
意念活動ができるようにすることが欠かせません。
それができると「自己コントロール力」も身についてくるのです。

例えば第一歩功の捧気貫頂法(ほうきかんちょうほう)は、
気を開放したり体内に取り入れたりして、
全身の気の流れをととのえて生命活動を盛んにする功法です。
ふつう、教室で先生がリードをする場合には
「引いて(気を体内に取り入れる)、押して(気を開放して大宇宙の気とつながる)」という号令が
3回かかります。
しかし、じつは3回だと物足りなく感じる人が多いはずです。
9回あるいは18回くらいまで増やしてみると、気の入る量が明らかに多くなって、
体調や気分のよさが格段に違ってきます。

第二歩功の形神庄(けいしんしょう)は、体内の気の流れをコントロールする功法です。
腰の痛みを取りたいときはとくにそのなかの第6節をやるといいのですが、
私の場合はまずゆっくりと大きく腰を回し、
そしてだんだん小さく回していくというふうに練功をしたりします。
そうすると腰にたちまち効いて、すっきりと軽くなってきます。

自分で号令をかけることができれば、
そのときの自分の状態に応じて動作の回数やスピードを変えることができます。
そうすると自分で体調を調えることができます。
自分で自分の体をなおすことができます。
これが「自己コントロール力」です。

もちろん先生の号令に合わせて練功をしても効果はありますが、
自分で自分に号令をかけて練功するのとでは、
既製品のスーツとオーダーメイドのスーツのような違いがあります。
自分なりのペースと回数で練功したほうが、
体調や症状にぴたりとフィットした大きな効果を得ることができるのです。

第43回滝


私の場合、第一歩功と第二歩功は習い始めてすぐに指導員養成コースに入り、
そこで号令を暗記させられたので、否応なく覚えることができました。
ところが、第三歩功の五元庄(ごげんしょう)は指導員養成コースが開設されていないこともあって、
なかなか覚えられませんでした。

そこで、「これではいけない」と一念発起! 
全13節を完全に暗記しようと思い、
一昨年のゴールデンウィーク中、ずっと自宅にこもって繰り返し繰り返し練習したのです。
それでようやく、練功用のテープやCDを使わずに、
自分に合ったスピードで好きなだけできるようになりました。

五元庄というのは内蔵に直接働きかける功法です。
例えば肝臓に何かトラブルがあったら、
肝臓を直接強化して不調を解消することができるのですが、
一人で練功できるようになってからは功法の効果がストレートに体に現れるようになりました。
また、五元庄のすばらしさや面白さを実感することができ、
自信をもって動作や意念活動ができるようになったのも、
自分で自分に号令をかけられるようになってからです。

気功において、自分で号令をかけながら練功できるかどうかは
それだけ大きな意味をもつのです。

第43回ちょうちょ号令を暗記するときはまず、練功用のテープやCDは使わずに、
自分で声に出して号令をかけながら練功することから始めましょう。
号令や動作の順序がわからなくなってしまったら、そのつどテキストで確認します。
ふだんまじめに練功している人は動きが体に染み付いているでしょうから、数回繰り返して練習すれば、すぐに暗唱できるようになるはずです。

号令が覚えられたら、今度は声に出さずに、心のなかで自分に号令をかけながら練功してください。号令はかならず心のなかで唱えましょう。無意識に体だけ動かしてはいけません。あくまでも意念で体を動かすことが大切です。

さらに段階が進むと、意念が言葉ではなく意念そのものとして動き出すようになります。
そこまで行ったら気功が本格的に身についてきたといっていいと思います。


朝、眠い目をこすりながらテープやCDをセットするのは大変ではありませんか? 
それが面倒で練功を休みがちになる、休み癖がついて結局気功をやめてしまう、
という人もいるようです。
また、家族が眠っているとテープやCDがかけられないから練功できない、
旅行先だとカセットデッキがなくて練功ができないなど、
号令が暗唱できないといろいろと不便なことも出てきます。

自分で号令がかけられるようになると、朝起きてすぐに練功が始められるので楽ですし、
森のなかでも海辺でも、好きなときに好きなところで練功をすることができます。
大自然のなかでの練功などはとても爽快ですよ。
そして自分のペースで練功ができると、気功の効果が2倍にも3倍にも高まって、
気功の力が体に直接的に働きかけてきます。
自分で自分の体をなおす力がついてきます。
これは何ものにも替えがたいメリットではないでしょうか。

自分で自分に号令をかけて練功することの重要性はあまりいわれていませんが、
気功の効果を存分に得るためにも、気功の世界に心ゆくまで浸って気功をもっと楽しむためにも
欠かせないことだと思っています。

まだ号令を覚えていない人は、ぜひこれを機に暗記するようにしてください。
それにはやはり努力が必要ですが、そんなにむずかしいことではありません。
ほんのちょっとの努力でできるはず。
ほんのちょっとの努力で、得るものは限りなく大きいのです。



green.gif


《無料体験教室のご案内》
はっぱ
日本智能気功学院では、
気功教室の雰囲気や練功の様子に気軽に触れて頂けるように
以下の日程・内容で「無料体験教室」を開催することになりました。

ぜひこれを機に智能気功をはじめてみませんか?

定員がございますが、お気軽にお問い合わせください。


日時
2008年7月3日(木) 午後1:30~3:15
2008年7月4日(金) 午後6:45~8:30
2008年7月7日(月) 午前10:00~11:45



定員
先着25名

会場
日本智能気功学院
 住所:東京都豊島区北大塚2-34-20-2F
 交通:JR山手線大塚駅北口より徒歩5分。または都電荒川線巣鴨新田駅より徒歩2分

 第40回map



お申し込み方法
TEL:03-3576-0097まで、お電話にてお申し込みください。
 なお電話受付時間は平日の午前9:30~午後5:00です。

9月までに、当学院初級教室に入会された方全員に
『智能気功の健康法』(主婦の友社刊)の書籍をプレゼントします。

智能気功についてお知りになりたい方は、日本智能気功学院のホームページもぜひご覧下さい。
ホームページはこちら→日本智能気功学院

green.gif







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。